入れ歯(義歯)|一宮市の歯科「医療法人明典会 タナカ歯科」

入れ歯(義歯)|一宮市の歯科「医療法人明典会 タナカ歯科」

  • 完全予約制0586-24-0418

  • 診療時間
    9:30~12:30/14:30~19:30
    (土曜は18:30まで)
    休診日
    木曜・日曜

入れ歯(義歯)

denture

歯を失ってからも
しっかり噛めるように

むし歯や歯周病・事故などで歯を失った際、義歯(入れ歯)を用いて咀嚼機能を回復させる必要があります。日本では平安時代の頃から使われていたと言われており、現在ではさまざまな装置が開発されています。

入れ歯(義歯)とは

咀嚼機能を回復させます

残っている歯が少なく、咀嚼機能が弱まっていると、身体のさまざまな機能が衰えるリスクが報告されています。
入れ歯を使用する最大のメリットは、噛む力を回復し、咀嚼機能を向上できる点です。身体にしっかりと力が入るようになるので、介護する人の負担を軽減することができます。

入れ歯にはさまざまなタイプがあります

入れ歯に使用される材料・治療は、保険適用と保険適用外(自費)で異なります。また歯を失った本数によって、総入れ歯と部分入れ歯に分かれます。
保険で使用する入れ歯は素材が決まっているのに対して、自費の入れ歯は金属を使用したタイプや、バネのないタイプなどさまざまです。どちらにしても、インプラントと異なり、外科手術を行う必要がないので費用や身体への負担も最小限で済みます。

針金のない入れ歯
「エステショットブライト」に注目

  • 軽くて装着時も快適
  • 金属を使わないので目立たない
  • 締め付け感が少なく痛みも出にくい

近年注目を集めている入れ歯が「エステショットブライト」です。
「スーパーポリアミド」と呼ばれる素材で作られており、金属を使用せずに、薄くて軽い仕上がりになります。色味の数が少ないので、患者さんの歯肉の状態によっては見た目に違和感が生じることもありますが、装着時の違和感・痛みを解消してくるのが最大のメリットです。

入れ歯の治療方法

入れ歯の治療期間はおおよそおおよそ2ヶ月間かかります。
残った歯のケア、噛み合わせのチェック、入れ歯を使用した際の力のかかり方など検査は丁寧に行う必要があるからです。この部分に時間をかけることで、患者さん一人ひとりに適した入れ歯を提供できます。
また、入れ歯は時間が経過するとどうしてもズレが生じたり、汚れが付着したりします。そのため、治療後も定期的なメインテナンスを行えば、長い期間快適な入れ歯を使い続けることが可能です。

診察・治療の流れ

Step1

カウンセリングを行い自分の歯の状況を診察する。

Step2

口腔内の検査・レントゲン撮影。

Step3

歯の上下・水平な位置関係を確認(咬み合わせの確認)。

Step4

試作の入れ歯で歯並びや歯の見え方をチェック。口の周りのふくらみの様子など、できあがりの状態を確認(症例に応じて省く場合もあります)。

Step5

入れ歯完成。

初診から入れ歯の完成までは、おおよそ1ヶ月~2ヶ月。
基本的には上記の流れで治療が進みます。
疑問点や悩みがあれば、全部お話いただいてから治療に移るため、最初は念入りなカウンセリングが必要です。

入れ歯の費用

入れ歯に関しては保険と自費で費用が大きく異なります。その違いは「素材」と「技術」です。基本的に入れ歯は、クラスプと呼ばれるバネで歯を固定化する方法が一般的です。しかし、その際に外から目立ちやすいというデメリットがあります。一方で自費診療ならば、金属を使用した薄いタイプ、バネのないタイプなどさまざまなものがあるので、より患者さんの細かな要望に対応できるというわけです。
また保険適用の入れ歯は、一度作ると6ヶ月経過しないと次の入れ歯が作ることができません。医院を変えても同様です。そのため、当院では初診の段階でどのような入れ歯ならば患者さんのご要望を満たせるのかを一緒に検討します。最初の段階で一つずつ問題を解決することが、入れ歯作りにおいて、一番間違いのない方法です。

入れ歯(総入れ歯・
部分入れ歯)の紹介

症例により適応できない場合があります。

金属床・チタン床
フルプレート/総入れ歯

素材 金属の薄いチタンで床を製作
費用(1床あたり) 308,000円(税込)
丈夫さ ★★★★★
快適性 ★★★★★
味の感じ方 ★★★★
選ぶポイント 丈夫で軽い
長所
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物を美味しく食べることができる
  • コバルトクロムの約1/2軽い
短所
  • 費用がかかる

金属床・チタン床
フルプレート/部分入れ歯

素材 金属の薄いチタンで床を製作
費用(1床あたり) 264,000円(税込)
+33,000円でノンクラスプタイプに変更可能
丈夫さ ★★★★★
快適性 ★★★★★
味の感じ方 ★★★★
選ぶポイント 丈夫で軽い
長所
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物を美味しく食べることができる
  • コバルトクロムの約1/2軽い
短所
  • 費用がかかる

金属床・コバルト床
フルプレート/総入れ歯

セラミックブラケット料 片顎  30,000円
素材 金属の薄いコバルトクロムで床を製作
費用(1床あたり) 231,000円(税込)
丈夫さ ★★★★★
快適性 ★★★★
味の感じ方 ★★★★
選ぶポイント 丈夫
長所
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物を美味しく食べることができる
短所
  • 費用がかかる

金属床・コバルト床
フルプレート/部分入れ歯

素材 金属の薄いコバルトクロムで床を製作
費用(1床あたり) 198,000円(税込)
+33,000円でノンクラスプタイプに変更可能
丈夫さ ★★★★★
快適性 ★★★★
味の感じ方 ★★★★
選ぶポイント 丈夫
長所
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物を美味しく食べることができる
短所
  • 費用がかかる

ノンクラスプ
(当院がおすすめするエステショットブライト)

素材 強硬度のプラスチックで製作
費用(1床あたり) 片側:121,000円(税込)
両側:165,000円(税込)
金属床と組み合わせることも可能です。
丈夫さ ★★★
快適性 ★★★★
味の感じ方 ★★
選ぶポイント 金属が目立たない
長所
  • 金属が見えにくいので審美的に優れている
  • 変色しにくい
短所
  • 強度に不安がある
  • 長期的には再製が必要

保険レジン床
フルデンチャー

素材 保険で認められた加熱重合レジンで製作
費用(1床あたり) 保険対応
丈夫さ ★★
快適性 ★★
味の感じ方
選ぶポイント 見た目にこだわらない
長所
  • 保険適応される
短所
  • 長期的に変色する
  • 床が厚くなる

保険レジン床
パーシャルデンチャー

素材 保険で認められた加熱重合レジンで製作
費用(1床あたり) 保険対応
丈夫さ ★★
快適性 ★★
味の感じ方
選ぶポイント 見た目にこだわらない
長所
  • 保険適応される
短所
  • 金属ばねが目立つ
  • 長期的に変色する
  • 床が厚くなる

ページトップへ戻る